o0800079613304547667.jpg
《黎明之光》
歌:朝霧あかね (CV.福原香織)
詞:じょん
作曲:Antonín Dvořák(德弗札克)
編曲:じょん
譯:輪廻

深い夜の雨の道
ひとり影を踏む人よ
流る星の行方には
古き友の夢重ね
深夜中的雨道上
孑然腳踏黑影的人啊
流星的去向
交疊在故友的夢裡

懐かしくもあるけれど
想い馳せる暇もなく
雖然時常懷念昔日歲月
但亦無閒暇能讓我緬懷過去

ふわり ふわり 儚く揺れる
木の葉なぜる軌跡を
星が 月が 紅く照らして
君をおぼろに浮かべる
飄然 飄然的 如夢幻般搖曳
輕撫落葉的軌跡
由星辰 月光 赤紅映照著
朦朧之中隱若浮現你的身影

時計の針はもう二度と戻らない
振り返ったって引き返せない
でもまたずっと 今でもずっと
あの日の言葉忘れないよ
踏み出す足音 加速して行く
記憶を置き去りにしないように
抱きしめ合って 噛み締め合って
照らした夜明けの光を追いかけて
時針轉動已再永不復返
縱使驀然回首 時光仍不可逆轉
但我也一直 現在這一刻仍然
沒有忘記那一天的話語
昂首闊步的跫音 加速流逝
彷若為了不會遺棄記憶一般
互相緊抱 互相扣緊
追逐著照耀大地的黎明之光

遠い日々を呼ぶ声に
朝は満ちて 消えてゆく
呼喚著逖遠歲月的聲音
充溢著朝陽 再漸漸消散

ひらり ひらり 閃く雨の
音が手繰る軌跡を
風が 風が 白く包んで
君をおぼろに浮かべる
一閃 一閃的 由閃爍雨聲
所牽動的軌跡
被微風 微風 純白包裹著
朦朧之中隱若浮現你的身影

ふわり ふわり 儚く揺れる
木の葉なぜる軌跡を
ひとつ ふたつ 時が刻んで
僕はひとり歩き出す
飄然 飄然的 如夢幻般搖曳
輕撫落葉的軌跡
一次 兩次 由時光刻劃著
我獨自 踏出新的一步

文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()