b0e1bd3c5a84486aa99e5cc30d638d8d.jpeg
《夢想號潛艦》
歌:トーマ feat. GUMI
詞:トーマ
曲:トーマ
譯:輪廻
(如需轉載請參閲【注意事項及綜合目錄】

深度、段違いに潜りきった地図にない底に
コーデュロイの海月、無色透明の寄生魚
気体バルーン纏った潜水艦、進め
サーチライト照らせ照らせ 岩窟の深奥層
深度、潛入地圖上沒有記載的段差底部
燈芯絨的海月,無色透明的寄生魚
氣體泡泡纏繞的潛水艦,前進吧
探照燈照射吧照射吧 岩洞的深層

昼も夜も鉄の中の闇夜 パイプ管の振動
唯一の手記だけを頼りに進もう
使い古された合図なんて必要ない
重油の匂いに塗れ降下を乱すな
不論晝夜也是鐵皮裡的暗夜 鐵管的震動
只靠著唯一的筆記進發吧
以前用到現在的暗號也不需要了
塗滿重油的氣味時落下也不要大意啊

水圧も静寂も目下アンダーゴウ
さあ文明に隠された真実論争
眼前の浩々たる海底都市を・・・
忍耐著眼前的水壓和寂靜
被文明隱藏的真相論戰
眼前浩瀚的海底都市……

そこに愛はあった?誓いはあった?
どこかで報われた?
日照りも、夜空も、生命も、 
吸い取られた歴史の傷跡
明日があって、家庭があって、未来に包まれて
もうそんな音もすっかり止んだ
水で満ちても、深い水底で虹は架からないの
那裡曾有愛嗎?曾有誓言嗎?
又在哪裡履行了嗎?
不論陽光、夜空、生命,
都全數吸取的歷史傷痕
那裡有著明天,有著家庭,被未來包裹著
但連那樣的聲音也猛然剎止了
縱使注滿海水,在海底深層仍是不會架起彩虹的

栄光の対価 禁制文明 落下
行き過ぎた動力源の濫用 暴走脱法
幻想の買い手 権力者逃げ去って
黒い塊は空白に成り済ました
光榮的代價 禁忌文明 掉落
過度發展能源的濫用 失控逃避法律
幻想的購買者 掌權者逃之夭夭
黑塊徹底化成了空白

幸せそうなネガフィルムの目
指輪と髪飾り 安息の地
終末を綴ったタイプライター
鳴らなくなった枯淡の鐘
看似幸福的負片之眼
指環與髮飾 安息之地
綴寫終焉的打字機
再不鳴響的枯淡之鐘

蒙昧な生活も紺碧に染まった
潜望鏡で見やった生態の退化
人は何処へ行ってしまったのだろう
連愚昧的生活也染上了紺碧
潛望鏡探測到的生態退化
人們到底都去了哪𥚃呢

「帰りを待ったどんな言葉も
母も子も夢も、愛の蜃気楼
明日を見せてと祈りました」
朽ちた木の壁に彫り刻まれた
諦めきれない最後の叫び
「向こうで先に待っています」
「等候回歸的各種話語
母親孩子與夢想、愛的海市蜃樓
祈求著『請讓我看到明天』」
彫刻在腐朽木牆上
不願放棄的最後吶喊
「我會先在那裡等你」

でも命はあった
崩れた街は眩しく包まれた
瓦礫や緑の家から
夜光虫たちが溢れて弾けた
儚く散った 麗らかだった
全てを確かめた
想像を超えた、時代を超えた
幾万里深い底に残された想いは
仄かな声を上げた
そして、また、長く眠ってしまう
但是那裡曾有生命啊
崩塌的街道被耀眼光芒包裹著
從瓦礫和翠綠家園中
飛散出無數的夜光蟲
虛幻四散 無比瑰麗
確認了一切
超越了想像,超越了時代
殘留於萬里深淵下的感情
發出了些微細聲
然後,又再,陷入長眠

栄光の対価 禁制文明 落下
行き過ぎた動力源の濫用 暴走脱法
幻想の買い手 権力者逃げ去って
黒い塊は空白に成り済ました
光榮的代價 禁忌文明 掉落
過度發展能源的濫用 失控逃避法律
幻想的購買者 掌權者逃之夭夭
黑塊徹底化成了空白

海面に帰った潜水艦は嘆いた
消された文明は確かにそこに在った
始まりのようで終わるような海だ
そして誰からも愛されなくなった街だ
回歸海面的潛艦不禁讚嘆
消失的文明的確就在那裡
彷似開始又如終焉般的大海
以及再不被任何人所愛的街道

文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()