201610191834372_0.jpg
《夢見草》
(舞台劇《月歌奇譚~夢見草~》插曲)
歌:校條拳太朗、仲田博喜、山崎大輝、上仁樹、
輝山立、横尾瑠尉、友常勇気、土井一海、
鷲尾修斗、谷佳樹、佐藤友咲、笹翼
詞:マチゲリータ
曲:マチゲリータ
譯:輪廻

日輪駆ける光の中で落涙したのは、
いつかの憧憬に見た柔らかなその声。その顔。
「驅」奔旭日之光中落「淚」的是,
曾使我憧憬的那幼聲,那芳容。

行き摺りに舞うあの言の葉が、
鳴り止まぬ程に愛しい。
馥郁たる安らかな暖かさ恋し国で。
擦肩間飛舞的片言隻語,
不絕於耳般惹人憐愛。
於懷「戀」國土浸淫於馥「郁」安逸的溫暖裡。

春雪の様な海飛沫が、
砕ける並みに鍔迫り舞う。
恰似「春」雪的「海」浪,
於怒濤中飛舞競鬥。

夜の明ける静寂に滴って、
芽吹いた葵に心寄せた。
涓涓流向「夜」後的靜謐黎明,
使我仰慕其錦「葵」萌芽。

陽に透けるこの血潮の色、
新たな命を紡ぐ為に。
穿透朝「陽」的血潮之色,
是為了紡織「新」生而存在。

始まりを告げる冥衆の隼が時代を、
攫って行く━━
宣告肇「始」的冥民之「隼」,
將要帶動時代━━

━━君よ。
━━喚君。

儚いその笑顔。
僕の為に咲いて欲しい。
君之虛然莞爾。
但願為我一笑。

命散りゆけども、僕が君を守ろう。
此生雖或散如華,但我今願護君旁。

━━君よ。
━━喚君。

儚いその笑顔。
僕の為に咲いて欲しい。
君其虛然莞爾。
但願為我一笑。

いつか朽ち果てる日まで、共に生き続けよう。
直到某日腐朽之前,一同渡過下半生吧。

━━夢見草。
━━夢見草。

息絶え絶えのか弱さに今、寄り添っていたい。
せめての優しさになる様にと願い乍ら、
きつく抱いた。
此刻我欲依偎在,尚存一息的柔弱之處。
「願可化作我僅有溫柔」一邊許下夙願。
一邊緊緊抱擁。

温もりは残酷さに負け、
降りしきる雨に濡れてしまう。
溫暖卻敗於世間殘酷,
受滂沱大雨染濕。

曠野の遠く喘ぐ声が、
耳に焼き付いて離れない。
曠野間之逖遠喘息,
猶烙耳邊未可忘懷。

それでも、鍔迫り合いは続く。
紅く咲く彼岸の華が散る。
然則,刀光劍影卻弗休。
艷紅綻放的彼岸之花正在散落。

大切な日々が走馬灯の様に駆け巡る最中、
目の前の君が消えていく様な気がした━━
珍貴的歲月如走馬燈般閃逝之時,
驀然察覺眼前的你似乎正漸消失━━

━━願う。
━━祈許。

幸せへと向かう君を、日々を、この世界を。
闇の先へと、光溢れる場所へ。
帶你與歲月,及此世間,通至幸福未來。
步往漆暗之彼,赴向輝映之處。

━━今は。
━━此刻。

振り向かずに生きよう。
いくら辛く痛けれども。
毫不回首地活下去吧。
縱使有何等艱辛痛苦。

━━いつか、何もかもが終わるはずだろう。
━━一切,總有終焉之時吧。

━━君よ。
━━喚君。

儚いその笑顔。
僕の為に咲いて欲しい。
君其虛然莞爾。
但願為我一笑。

命散りゆけども、僕が君を守ろう。
此生雖或散如華,但我今願護君旁。

━━君よ。
━━喚君。

儚いその笑顔。
僕の為に咲いて欲しい。
いつか朽ち果てる日まで、咲き誇って欲しい、
君だけは。
僕らの歴史を語り継ぐ、
その華の名前は「夢見草」━━
君其虛然莞爾。
但願為我一笑。
直到某天腐朽之前,請恣意怒放爭妍吧,
唯君一人。
把我等歷史傳頌下去,
其芳華之名為「夢見草」━━


Facebook:

⎮ ツキステ。    「  その華の名前は「夢見草」|其芳華之名為「夢見草」                           」 ——《夢見草》       ⎮ 關於這次翻譯 噗浪上的點歌活動的第一首,這首我喜歡。       ⎮ 歡迎分享。

翻譯部落格【地獄災害警戒情報】貼上了 2017年3月3日
文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()