Cn4QLzPUMAAk_CF.jpg
《為了能夠傳達》
歌:安倍晴齋(CV:前野智昭)
詞:石田寛朗
曲:石田寛朗
譯:輪廻

夜の帳が落ちて冷たい闇が静かに
新しい便り
また一つの彷徨えるモノを知らせる
望みを叶えるため どんな迷いがあっても
務めを果たせるのであれば孤独だっていいさ
夜幕低垂時薄寒闇夜悄然降臨
新的一張便條
向我告知又有新的彷徨之物
為了實現祈望 哪怕抱有何等的迷惑
只要能夠完成職務的話 縱使孤單寂寥我亦在所不辭

気付いてた自分の弱い心
未熟さを受け入れながら
この手を伸ばしてお頼み申す
發覺到自己軟弱的內心
一邊接受著自己的稚嫩

一邊伸出雙手懇求襄助

隠世の扉から繋がる絆信じてたい
表と裏の距離が零になれば
出会う奇跡また訪れて
現世に潜むまだ見ぬ存在救いたい
心を閉ざし諦めない限り
分かり合える瞬間があるさ
見えずとも聞こえずとも伝えるために
我欲深信從彼世之扉互相連繫的羈絆
當表與裡的距離化零之際
相遇的奇蹟便會再度降臨
我欲拯救潛藏於現世的未知存在
只要仍未打開心扉尚未放棄之際
必會有能夠互相理解的一瞬
為了無法看見無法聽到仍能夠傳達

噂話がいつしか一人歩きしていても
変わらずに務めを果たそう 悲しみ背負っても
謠言之中不知不覺獨自走著
縱使背負悲傷 亦會一如往常般完成職務

少しだけ眩しく映る心
支え合う背中合わせに
その手を掴んでお頼み申す
微微映出輝眼光彩的內心
背靠著背互相扶持
抓住那手懇求襄助

妖の世より惑う虚空に広がる物語
そのページを一枚捲ればほら
想い一つまた重なって
凛と降りしきる雨に涙を隠しながら
雲間に覗く星空待ち侘びて
揺れる風に今攫われる
手を振ろう
触れられない過去にサヨナラ
從妖怪盛世擴散到迷惑虛空中的傳奇故事
翻起當中新一頁的話
看啊又一片回憶交疊起來
在凜然落下的雨水間一邊隱藏著淚水
一邊翹首以待著從雲間窺探到的星空
此際就被搖曳的清風擄走
揮起手
向無法觸及的過去道別

隠世の扉から繋がる絆信じてたい
表と裏の距離が零になれば
出会う奇跡また訪れて
現世に潜むまだ見ぬ存在救いたい
心を閉ざし諦めない限り
分かり合える瞬間があるさ
見えずとも聞こえずとも伝えるために
我欲深信從彼世之扉互相連繫的羈絆
當表與裡的距離化零之際
相遇的奇蹟便會再度降臨
我欲拯救潛藏於現世的未知存在
只要仍未打開心扉尚未放棄之際
必會有能夠互相理解的一瞬
為了無法看見無法聽到仍能夠傳達

文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()