71gy4a480VL._SL1340_.jpg
《黑白天空》
歌:霜月隼(CV:木村良平)
詞:月野尊
曲:月野尊
譯:輪廻

月儚く 白き光湛え
闇を照らして静かに見つめてる
冷たい風 君の頬をかすめ
優しい季節がいつしか過ぎてゆく
月輪皎潔似幻 浮漾白光
照耀黑暗 悄然凝眸
凜冽寒風 擦過你的臉頰
溫柔的季節 不知不覺間漸漸過去

なぜ情熱 燃え尽きて 嗚呼 消えてゆく
止められずに溢れ出す 罪も僕に溶けて
為何熱情燒盡了 啊啊 就會消失
連溢出不止的罪愆 也溶於我身

気まぐれに微笑んで 焦がれる想い散らす
君にさえも嘘をついた
此の躰 絡みつく凍てつく白い炎
空はモノクロのままで
任性地展露微笑 傾心的思憶散落一地
即使面對著你 仍吐出了謊言
交纏此身的 冰冷白炎
這片蒼穹仍只是一片黑白

孤独な夜 何を想い泣くの?
細い指に宿る熱 感じてる
悲しい嘘 僕は気づいてるよ
偽りのぬくもりでも今だけは
孤獨之夜裡 憶起甚麼而落淚?
感受著棲身於纖指中的微熱
你感傷的謊言 我也有察覺到
即使是虛偽的溫暖 也只在頃刻

ねえ ため息つかないで 僕に預けて
抱きしめたら壊れそうな 肩が震えてるね
吶 不要嘆息 來依靠我吧
一緊抱就快要壞掉般的肩膀 在顫抖著呢

気まぐれと思えばいい 尽きせぬ想い隠し
ひと夜の夢 花開け
其の躰 絡みつけ 煌めく白い炎
空はモノクロのままで
就當我是任性吧 隱藏著不能磨滅的思念
一夜間的美夢 開花吧
交纏其身吧 閃爍白炎
這片蒼穹仍只是一片黑白

ダイヤの様に輝いて 嗚呼、砕けない
抱きしめても遠すぎる ふたり空に堕ちて
彷似寶鑽般輝煌閃耀 啊啊,堅不可碎
縱使緊抱著卻仍遙不可及 二人一同墮至空中

気まぐれに微笑んで 焦がれる想い散らす
僕にさえも嘘をついた
其の躰 絡みつく凍てつく白い炎
空はモノクロのままで
任性地展露微笑 傾心的思憶散落一地
即使面對著我 仍吐出了謊言
交纏其身的 冰冷白炎
這片蒼穹仍只是一片黑白

文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()