cover.jpg
《告別夢花火》
歌:文月海(CV:羽多野渉)
詞:ひとしずく×やま△
作曲:ひとしずく×やま△
譯:輪廻

暮れなずむ空を追いかけて
君と二人 手を繋いでどこまでも…
密やかに告げた言の葉は
浅き夢の中で眠る
追逐日色漸暮的天空
與你一起 不論身在何方都手牽著手
悄悄道出的話語
在淺夢中沈睡

しゃらり鈴の音 木霊した
通りに響く笛太鼓
祭囃子に心躍らせ
君を誘って縁日巡り
搖擺鈴響 迴響反映
響遍祭道的笛和太鼓
隨祭囃子躍動的心跳
相約你一起共遊祭日

浴衣の裾をなびかせた
小さな君の手を引いた
君がつぶやく 「デートみたい」って
わざと聞こえぬ振りをした
隨風飄揚的浴衣裙擺
牽起你的小手
「好像約會一樣啊」你如是細語
而我卻裝作聽不見一樣

嗚呼 夏のせいにして
言い訳並べて空回り
嗚呼 「浴衣似合うね」と
それさえ言えなくて…
啊啊 一切是夏天的錯吧
說出千個萬個借口仍是裹足不前
啊啊 「浴衣很適合你呢」
我卻連這一句也說不出口…

暮れなずむ空を追いかけて
君と二人 手を繋いでどこまでも…
密やかに告げた言の葉は
祭囃子の音に隠れて 消えた
追逐日色漸暮的天空
與你一起 不論身在何方都手牽著手
悄悄道出的話語
消逝在祭囃子的聲音中 漸漸消失

的屋で取った髪飾り
「似合うかもね…」と渡したら
「大事にする」って、「忘れないよ」って
擦れた声で告げられた
將在攤位得到的髮飾
說著「好像很適合你呢……」送給你
「我會好好保管的」、「不會忘記」
你用沙啞的聲音這樣告訴我

嗚呼 夏のせいにして
抱きしめ「行くな」と言えたなら…
嗚呼 臆病が過ぎて
この手は動かない
啊啊 一切是夏天的錯吧
若我可以緊抱著你說一句「不要走」的話…
啊啊 但這個太膽小的我
仍然是逡巡不前

「さよなら」と言った横顔を
行かないでと願い込め焼き付けた
密やかに告げた言の葉は
夜空の華咲く音に隠れて…
說出「再見」的側臉上
深深烙印著「不要走」這樣的願望
悄悄道出的話語
被隱藏在夜空之花的盛開聲中

煌めく刹那に染められて
終わらないでと願った夏の日は
去りゆく人の影を残し
戯れの言の葉は
叶わぬ夢の中で 静かに眠る
在這一剎染上的璀璨光采
「如果不會完結就好了」許下這一般願望的夏日
早只剩下離去者的身影
昔日的戲言
在永不實現的夢想中 靜靜沈睡

文章標籤
創作者介紹
創作者 輪廻 的頭像
輪廻

暴風ノ中庭 -His Majesty's Missa Solemnis-

輪廻 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()